3月 弥生

春来る
……………

 

 

♪ヤングマン さぁ立ちあが-れよ ヤングマン 今翔びだそ-ぜ
ヤングマン もう悩むこ-とはな~い~ん~だ-から

              西城秀樹さん“YOUNG MAN(Y.M.C.A)”より

 

 

 

 

 

 

 

しごと
…………

 

今月は竹林整備をさせて頂いた現場の樹木伐採から行いました。
竹を伐採した敷地に高所作業車を乗り入れ大樹の枝を伐採致しました。

  

此方のお施主様からは自宅の門扉修繕も承っており、只今吟味した材料を調達し
協力店の建具士により制作中です。

 

 

他にも笠置山ボルダリングエリア整備を施し、無事完成致しました。
約2haに5か所のエリアを設け、点在する各箇所に向かう通路を整備しました。
複雑な地形に添ったルートの設定において、急斜面には倒木や植生土のうで階段を設置し
水の集まる谷筋を避け、崩れやすい路肩には補強を施すなど。
訪れるクライマー達にも安全に楽しんで頂けるようなエリアが完成出来たと思います。

  

  

 

他にも住宅の床修繕に着工しました。
此方の現場は築35年程の立派なお屋敷で、施工当時玄関や洋室と洗面室の床に使用された化粧合板の
劣化により、床がフワフワと沈む状態でした。現場の状態から玄関床は解体し大引きから取り替え、断熱材を
設置して上質の縁甲板を貼りました。洋室は解体せずフロアパネルを増張りし洗面室も下地のコンパネを増張り
CF貼り仕上げとしました。

(施工前)  

(完 成)  

(施工中)  

  

ご予算に応じた今回のリフォーム内容で美しくなった床にお施主様も大変喜んで頂きました。
この様に当社では現場の状態から適切な施工のご提案を致しますので、お家の不具合やライフスタイルに
合わせた増減築など。どのような事でもお気軽にご相談下さい。

 

他にも関西電力水力発電所内の倒木処理や、小学校の破損した屋根瓦の応急処置と樹木伐採に
福祉住環境整備の階段改修など。

また他にも竹林整備のお問い合わせから、香川県丸亀市や和歌山県紀の川市へ現地調査に伺いました。
今月もあれこれとしごとをさせて頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラサク
………………

 

郷の桜も満開を迎え今年も美しい風景が雑多な日々を癒してます。

笠置町は小さな町ですが「さくら名所100選」にも選ばれ
今頃は沢山の花が一斉に咲き見頃となります。
この桜、日本最古の木は推定樹齢2000年だそうで
寒暖で多少のずれはあるものの、毎年春に花を咲かすというから
植物の生命力の凄さ、多少何かがあっても時期が来れば咲く
何処か懐かしさやワクワク感、また安心感の様なものも覚える
誰もが好きな花の一つだと思います。

さまざまのこと思ひだす桜かな
                 芭蕉 作

今はまだ不安な日々が続いていますが、必ず桜が咲くように
安心や平常をもう少し待ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読 む
…………

 

今月の本

 

 

新年度がスタートしても
気楽な気持ちでいつも通り

 

 

 

 

 

 

 

2月 如月

そろそろ
………………

 

春はもうすぐそこまで

 

 

 

 

 

 

しごと
…………

 

今月は京都府精華町で竹林整備を施工致しました。
約700㎡の敷地に密生した竹を伐採し、現地で粉砕処理をしております。
隣に神社があり、お施主様から神社境内との違和感が生じないような整備を託され、雑木と竹を少し残すよう
仕上げました。竹についてはもう少し残すイメージでしたが、枯竹や倒木が多く蔓が絡んでいた為、
予定より多く伐採しましたが、お施主様からは好評頂き、また近隣住民や通行される方からも
鬱蒼としていた場所がきれいになり陽も差して気持ち良いと大変喜ばれました。

(施工前)
  
  

(完成)
  
  

(作業風景)
  

このあと敷地に高所作業車を入れ隣地に影響を及ぼす大樹の剪定を予定しております。

 

 

他にも「笠置町におけるスポーツ観光聖地化のためのボルダリング振興業務」として
笠置山に点在する巨石のボルダリングスポットを整備しております。
当社の請負はクライマーによって開拓されたルートを辿る通路を整備する工事で約2haの範囲を
縦横に通路を設け、急斜面には植生土のうや倒木を利用して階段を設置しております。
山頂付近の深い山中で土砂の崩壊を防ぐと共に緑化による景観への配慮や自然環境の保全を図るよう
計画致しました。

  
  

 

また他にも「家の中のあちこちで床が歩くとフワフワするので見てほしい」とのご依頼で調査に伺いました。
築30年程の立派なお屋敷で当時床材に使用されている化粧合板の劣化で特によく通る廊下や部屋の出入口等
に見られる現象でした。只今工法の検討から見積り作成中です。

他にも門扉修繕のご依頼による現地調査。こちらの現場は歴史ある立派な門扉で長年の風雨により
傷んだ扉を新しく制作するよう検討しております。

 

この様に当社ではお客様のご要望に応じた適切なご提案をさせて頂きますので、どの様な事でも
お気軽にご相談下さい。

その他にも竹林整備のお問い合わせに伴う現地調査など。
今月もあれこれとしごとをさせて頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実  証
………

 

トヨタが富士山麓の東富士工場跡地に未来の技術開発に向けた実験都市
「ウーブン・シティ」の地鎮祭が今月2月23日(富士山の日)に実施され
いよいよ建設が始まります。

各自動車メーカーは車を開発するため走行実験を行うテストコースがあるのですが
自動運転システムや生活に伴う様々な技術の実証実験をしていくために
街ごと作ると言うからスケールがでかい。
自動車業界の大変革期とし、豊田社長も新会社設立に私財を投じるそうです。
将来的には2000人程の住民が暮らし、社会課題の解決に向けた様々な発明と
新技術の検証を行っていく「ヒト中心の街」「実証実験の街」「未完成の街」が
この街の軸とする構想。

 

未来の生活はあらゆるものが自動化されていくのか
それともまた違った技術が豊かさをもたらしてくれるのか。
先駆けて導くこの街に期待は増します。

100年たったら、どうなっているのでしょう

 

とりあえず、明日も健やかでありますように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読 む
…………

 

今月の本

 

 

五十肩が辛くても
気楽な気持ちで、いつも通り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月 元旦

あけましておめでとうございます

 

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 

 

 

 

 

 

しごと
…………

 

 

本年仕事始めは昨年より引き続き、かさぎゴルフ倶楽部で害獣侵入防止柵設置を行い、完成致しました。
ゴルフ場の外周約4.3㎞に柵を設け、コース内を荒らすイノシシの侵入を防ぐもので、今では田畑などでも
よく見かけます。獣本来の生息域が変化しているのは確かで、何か良い“策”は無いのでしょうか。

 

 

他にも滋賀県東近江市で竹林整備に着手しました。
こちらの現場は約1,200㎡の敷地に密生した竹を全て伐採し、現地で粉砕処理を致しました。
鬱蒼として見通しも悪く、ゴミの不法投棄もされていた現状が、伐採して見通しもよくなり、スッキリと
美しくなった状態にお施主様からも好評頂き、毎日散歩されている方々も喜んでおられました。

(施工前)

  

 

(完成)
  

  

(作業風景)

  

この様に厄介な竹や草木が生茂り敷地の管理にお困り方や、土地の活用または竹チップの利用など。
先ずはお気軽にご相談下さい。

 

また他にも京都府精華町で竹林整備のご依頼を賜りました。
此方の現場は約700㎡の敷地に密生した竹を周囲の景観にも配慮した整備を来月初旬より実施する予定です。

  

 

その他にも笠置山においてボルダリングエリアの整備に伴う現地調査など。
今月もあれこれとしごとをさせて頂きました。
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宣 言
…………

 

 

現在、日本の11都道府県において緊急事態宣言が発令されています。
今回は2回目の発令もあってか、どこか他所事の様な感じがしないでもないです。

私の場合では、田舎町に暮らし、商いも同地で満員電車の通勤や
不特定多数の人と接触もなく、元々不要不急の外出はしない方でしたので
余り変わらぬ日常を過ごしているのですが。

 

非常事態宣言(ひじょうじたいせんげん)、または緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)とは、
自然災害感染症伝染病疫病)のパンデミック原子力事故などの
災害や、戦争テロ内乱騒乱など、健康生命財産環境などに危険が差し迫っている
有事緊急事態)に際し、国家地域政府地方公共団体を含む)
などが、
法令などに基づいて特殊な権限を発動するために、或いは、広く一般・公衆に注意を促すために、
そのような事態を布告・宣言することである。
                                     『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 

この様に文言で表すには強張った表現になるのでしょうが、以前に隣国から
発射されたミサイルが上空を飛来したときに携帯電話からJアラートが
大きく鳴った時もそうでしたが、良くも悪くも人々は案外冷静。

経済活動を抑え、感染者数を発表するより、一層のこと小学校の張り紙の様に
「うがいと手洗をしっかりしましょう」
「外に出るときや人と会うときはマスクをつけましょう」と伝え
過度に恐れず気を付ければ
感染拡大を防げるのではないでしょうか。

私も偶に「非常事態」「緊急事態」だと宣言したい時がありますが
一日も早い収束と、度々発生しないように願うばかりです。

 

 

 

 

書 く
…………

 

 

新年の書初め

今年は “直す”

 

時代はニューノーマル(新たな常態)に
考え方・働き方・生き方も見つめ直す契機

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読 む
…………

 

 

今月の本

 

 

新たな時代も気楽な気持ちで、いつも通り

 

 

 

 

 

 

 

 

12月 師走

ありがとうございます
……………………………

 

 

今年も様々な御縁と、ご愛顧頂きましたことに感謝いたします。
本年の営業は12月28日で納めとし、1月6日より営業始めます。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

しごと
…………

 

先月より引き続き施工しておりました、滋賀県守山市での竹林整備が完了しました。
約1,800㎡の敷地に密生した竹は太くて長く、伐採にはロープで引っ張りながら倒す方向を揃えていく方法や、
刀で切るように落としていく方法などを駆使し、粉砕作業場所の確保も都度検討しながら施工を進めることで、計画通り無事に完了。粉砕終了後に隣地へ竹の根が伸びないように防根シートを埋設して完成致しました。

(施工前)  

(完 成)  

(作業風景)  

(防根シート埋設) 

近隣の方からも、「ゴミが捨てられ鬱蒼とした竹藪が無くなりスッキリした」「綺麗になって歩いていても気持ちがいい」と大変喜んで頂きました。当社では大規模な開発に伴うような伐採はお断りする場合が御座いますが、「鬱蒼として日も当たらず風も通らない」「倒木や落ち葉等で近隣に迷惑をかける」等。
どの様なご要望にも当社で可能な限りの適切なご提案と施工に努めておりますので、先ずはお気軽にご相談下さい。

 

他にも、かさぎゴルフ倶楽部において害獣侵入防止柵の設置工事2期目に着手しております。
今年8月の1期目に続き、残りの外周約2.5㎞に(1.2m*2.0m)のメッシュ1250枚を
人力運搬して設置しております。

 

 

その他にも笠置寺境内整備や竹林整備のお問い合わせに伴う現地調査など。
今月もあれこれとしごとをさせて頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

希望
………

 

今年は世界中で新型コロナウイルス感染症が拡大し、連日の報道で不安な日々が続いている中
日本の偉業を伝えた嬉しいニュースがありました。

「6年間で約52億㎞の飛行を続け、目的の小惑星に着陸しサンプルを採取して地球に戻ってくるミッション」
それを地球から遠隔で操作すると言うから、数十メートル先の見えているドローンも未だ上手く操れない
私には当然ピント来ませんが、この英知を結集した偉業を成し遂げられた方々の喜びと達成感は
物凄く大きなもとニュースを見ていてそう思います。
この後もさらなる目的地に向かって飛んでいる様で、採取したサンプルの分析もこれからで
まだまだご尽力は続くと思いますが、明るいニュースを期待いたします。

 

「はやぶさ2」、太陽系の起源・進化と生命の原材料物質の解明を目指して

 太陽系の起源や進化を知るためには、代表的なタイプであるS型、C型、D型の小惑星を調査する必要があります。
「はやぶさ2」が目指すC型小惑星はS型小惑星のイトカワと比べるとより始原的な天体で、同じ岩石質の
小惑星でありながら有機物や含水鉱物をより多く含んでいると考えられています。

地球をつくる鉱物、海の水、生命の原材料物質は、太陽系初期には原始太陽系星雲の中で密接な関係を
持っていたと考えられており、始原的な天体である
C型小惑星から採取したサンプルを分析し、
太陽系空間にあった有機物や水がどのようなものであったのか、またどのように相互作用し
共存してきたかを探ることで、生命の起源にも迫ることができると期待されています。

(JAXA宇宙航空研究開発機構Webより)

 

この様に壮大な宇宙の事や、今この時、地球上で起こっている様々な困難にも懸命に
取り組んでいる人たちがいる限り、明るい未来がやってくると信じております。

今年もあと二日。雑多な日々を過ごした一年でしたが、締め括りは鐘の音を聴いて
夜空を少し眺めてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

読 む
…………

 

今月の本

 

 

来年が幸多い年でありますように
皆さま良いお年を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月 霜月

好景
………

 

現場上空から湖西の眺め

 

 

 

 

 

しごと
…………

 

今月は笠置寺大師堂手摺塗装を仕上げました。
コケなどで汚れた檜板は慎重に取り外し、入念に洗浄し綺麗な素地を表し復旧。
鉄部は劣化塗膜を取除きつや消し塗装仕上げを施しました。

(施工前) 

(完 成) 

色づく境内に映える綺麗になった手摺に、ご住職にも好評頂きました。

 

他にも大阪府堺市で竹林整備を実施。今回が3期目のお屋敷で、お施主様自身で伐採されました竹の粉砕処理や
庭木の剪定を施し、綺麗になった敷地に大変喜んで頂きました。

(施工前) 

(完成)  

(作業風景) 

 

また他にも滋賀県守山市での竹林整備を着工致しました。
こちらの現場は約1,800㎡の敷地に密生した竹の伐採と現場内での粉砕処理整備です。
隣地の方からも快くご協力頂き、工事中盤まで順調に作業を進めております。

          (施工前)

(作業風景)  

 

その他にもかさぎゴルフ倶楽部の害獣侵入防止柵2期目の準備工や、三重県松阪市での竹林整備現地調査に、
滋賀県東近江市よりお問い合わせ頂きました竹林整備の現地調査など。
こちらの現場は約1,200㎡の敷地に密生した竹の伐採整理をご依頼頂きました。

 

 

今月も沢山のしごとをさせて頂きありがとうございます。
お客様には暫くお時間を頂いておりますが、計画工程通り順次進めて参りますのでご理解の程
宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮る
…………

 

現場を空撮する為、ドローンを導入しました。
初心者向きの所謂トイドローンという安価な機種ですが
これが中々の機能を備えており、現場の撮影には十分なものです。
連休の日に練習を積み、只今施工中の竹林整備現場で自治会の同意を得て
初撮影を試みました。まだ思ったような撮影は出来ませんが、これからも
撮影条件が整う現場は空撮動画も記録していこうと思っております。
今後は(長い目で見て)映像の編集なども加え、WEBサイトやYouTubeにアップし
当社の活動を広告していこうと企んでおります。

 

HOLY STONE
HS110G

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必要?
…………

 

先日の新聞記事にハンコについて調べた千葉県の小学5年生佐久間千那さんの自由研究が紹介されていました。
彼女が発表した自由研究のタイトルは
「知ってる??はんこってなんでおさなきゃいけないの?~日本のとくべつな文化~」
この発表が「第23回 図書館を使った調べる学習コンクール」で文部科学大臣賞を受賞されたそうです。
記事から読むと、20冊の文献を調べ、ハンコ作りの職人ら50人以上に取材した全54ページの大作とあります。

 

このところ政府が脱ハンコを唱え、その動きは加速し、法律改正が必要なものは来年の通常国会で一括法案の提出を検討しているとか。早ければ来年春から身近な手続きは押印が無くなりそうです。

私共も公共事業や大手企業の工事請負をしておりますので、提出書類には確かに印鑑が必要なものが多く、押印の不備を指摘され再提出といった状況も偶にあり、廃止されたら手間が省けるかと言ったら、一概にそうとも思いませんが、電子化の流れでこの先確認の意思はデジタル認証になっていくのでしょう。

大人達はあれこれ考え、デジタル化推進への象徴で、(ハンコ=手間)と考えている様にも思いますが
小学5年生の佐久間さんが自由研究で最後に出した結論は

<記事抜粋>

「(自由研究で作った)自分のはんこを押そうとしてきんちょうした。曲がったり、インクがにじんだりしてないか。 そういう気持ちで押す習慣が日本らしい文化のような気もする」。はんこは本人だと確認する意味以上のものがあるとし「意思を確認・決意する文化は大切に守って行きたい!!」と書いた。

 

これを読んで、素晴らしいと感心したのは勿論で、自分でも
「文化を大切にする心が欠如してないか」。と改めて考えさせられました。

 

必要か否かで言うと何れもその判断は複雑で難しくなると思います。
係る人が居り、想い入れがあれば尚更。
因みに我が家では不要と判断された私の物から無くなっていきます・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読 む
…………

 

今月の本

 

 

何かと気忙しく感じる頃になりましたが
気楽な気持ちで いつも通り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月 神無月

秋空
…………

 

天高く私また肥ゆる秋

 

 

 

 

 

 

 

しごと
…………

 

今月は先月より引き続き進入路の改修を施し、完成致しました。
コンクリートが所々で割れて表面も劣化により滑りやすく、また階段部分も不均等な蹴上で
歩き辛かったものを今回の改修で段数を増やし均一に仕上げました。
施工規模の条件から現場で幾度と検討し、安全で歩き易い通路が出来て、お施主様も大変喜んで頂きました。

(施工前) 

(完 成) 

 

また他にも京都府亀岡市での竹林整備を実施。
此方の現場は隣地より倒れ込んだ竹の伐採と現地粉砕処理に貼り石の補修です。

(施工前) 

(完成)  

(作業風景) 

(施工前) (完成)

 

その他にも京都府宇治市で昨年も伸びた部分だけ整備をさせて頂きましたお客様より今年もご依頼を賜り
今回は真ん中に残した竹を全て伐採し、現地で粉砕処理を致しました。
住宅地の中で鬱蒼と茂る竹が無くなると、風が通り見通しが良くなったので、通行される方やご近所の方々も
大変喜んでおられました。

(施工前) 

(完 成) 

(作業風景)

 

他にも獣肉解体所の設備器具取付と電気工事を施し無事完成引き渡し致しました。

 

 

また他にも笠置山もみじ公園の場内整備や笠置寺大師堂の修繕と奈良県天理市でブロック塀の修繕や
竹林整備の打ち合わせ。
こちらの現場は滋賀県守山市の約1,800㎡の竹林整備を来月中旬より実施予定です。

今月もあれこれとしごとをさせて頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

導入
………

 

新しく営業車を導入致しました。
軽車両ですが荷物も沢山積めて
衝突被害軽減ブレーキや各種誤操作防止機能「セーフティサポート」
を搭載した事故を未然に防ぐ頼もしい車です。
これからはコイツも現場出動に加わり、東奔西走致します。

小さなクルマに、大きな安心をのせて。

 

 

 

 

 

 

 

 

写す
………

 

先日の夕刊に「写メ誕生20年」という記事が掲載され
読むところ、カメラ付き携帯電話を開発してから20年になるとか。
今では当たり前の機能も  “当時は開発をメーカーに打診したが多くのメーカーが二の足を踏むところ、
シャープだけが要望に応え、一般の携帯電話として世界初となるカメラを搭載した。
(中略)
翌年夏には「写メール」と名付けたキャンペーンを始め、人気を決定づけた。“
と担当者への取材記事がありました。

「もうそんなに経つのか」と「まだそんなもんか」と両方の
思いがあり、私の場合も当時機種を変更するタイミングで
カメラ付を持ちましたが、あまり使うこともなかったように思います。
今は現場の写真も瞬時にLAINで届き、記録の写真も素早く撮影できるので
使いこなしてはいないものの、便利に活用しています。

仕事に使うカメラもデジタルに代わって便利にはなりましたが
アルバムを捲るのもマウスで操作。
それまでは現場の写真も撮りためたフィルムを現像に出して
数日後に取りに行き、プリントされた写真をアルバムに整理する
結構大変な作業でした。
少し色褪せた当時の現場写真を資料として偶に見返すこともあり
今でも大切に保存しております。

私が小学生の頃、父親から使わなくなった古いカメラを貰い、フィルムが入ってない
カメラを持って小さなファインダーから覗く被写体にわくわくしながらシャッターを
押して遊んでいたのを記憶しています。
初めてフィルムを入れて写真を撮ったのもその頃。
白黒のフィルムで、従妹たちとお城の公園でポーズを決めては何枚も
代わるがわる撮った写真の画を今でも鮮明に思い出します。

今私自身もそうですが、スマートフォンやパソコンに保存された
写真(データ)はある日一瞬にして消滅しそうな気がしてなりません。
大切な写真はプリントするし越したことはないですが、何気なく映した写真が
案外思い出に残る一枚になったりするもの。

この先カメラの機能も進化して一体どうなっていくのでしょうか。
有りのままを写すものでは無くなっているような気もいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読 む
………

 

今月の本

 

ポーズ決めて
気楽な気持ちで、いつも通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月 長月

秋近し
……………

 

のんびり走って、ひと休み

 

 

 

 

しごと
……………

 

今月は先月より引き続き、解体所基礎の脱型から内部の土間仕上げと浄化槽の設置を施し、
木工事に入っております。

  

 

他にも害獣被害による柵の設定や樹木の伐採に除草作業など。
空家になって荒れた庭の草木にお困りのご家族様からのご依頼が数件ございました。
この様に当社では所有地やお家の手入れなどのお困り事には適切なご提案と迅速な対応で承りますので、
先ずはどの様な事でもお気軽にご相談下さい。

(施工前) (完成)

(施工前) (完成)

(施工前) (完成)

 

また他にも傷んで歩き難くなった進入路の改修を施しております。
数メートル程のスロープと階段ですが、階段の蹴上高が不均一で集水桝が高い為、スロープも
急で亀裂も生じている状態から階段の蹴上も均一に揃え、舛蓋とスロープや通路の改修を行います。
狭小で複雑な施工ですが、お施主様が毎日安全に通行して頂ける様、限られた条件で最良の工夫を施します。

 

 

その他にも京都府亀岡市や滋賀県守山市に大阪府堺市から竹林整備のお問い合わせを頂き、
現地の調査とお見積りや、ブロック塀の損壊に伴う現地調査報告など。
今月も沢山ご依頼賜りました。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

植える
…………

 

7年ぶりの続編ドラマで話題の「半沢直樹」が好評で私も欠かさず観ておりました。
原作者・池井戸さんの本は好きで、ドラマ化された作品も見応えのあるものばかり。
「下町ロケット」「七つの会議」「陸王」「空飛ぶタイヤ」等々(まだ他にも沢山あります)

池井戸さんの作品は仕事に係る物語が多く、ものづくりに取り組む一途な姿や
貫く正義もオヤジ世代は自分と重ね、今回の「半沢直樹」も日曜日の夜に高揚し
明日の励みに繋がりました。(私の場合)

最終話で渡された桔梗の花もこの物語の締め括りに相応しい演出。
と言う訳で、園芸の心得はないですが、花言葉“誠実”に感銘を受け
さっそく事務所の花壇に植えてみました。

多年草だと教わりましたので、どうか枯れませんように・・・。

 

 

 

 

 

 

 

読 む
…………

 

今月の本

 

気軽な気持ちで、いつも通り
“生きてれば何とかなる!”
                       「半沢直樹」花ちゃんの台詞より

 

 

 

 

 

 

 

 

8月 葉月

残暑お見舞い申し上げます
……………………………………

 

厳しい残暑が続いておりますので
皆様におかれましては一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

しごと
……………

 

今月はかさぎゴルフ倶楽部の外周に害獣侵入防止柵設置工事に着手しました。
2期計画で外周延長約3,600mのうち、今期は半分の1,800m分を施工。
1枚の高さ1.2m幅2.0mの鉄筋メッシュを900枚、支柱の鉄筋1,800本をコースの外周に
人力運搬で設置しました。

  

 

他にも獣肉解体所新築工事に伴う基礎工事に着手。
只今基礎コンクリートの打設まで完了しております。

  
  

型枠脱型後、内部土間仕上げと浄化槽設置に設備配管までを施し、木工事に移ります。
大変厳しい暑さの中、作業時間も早朝6時から開始、日中こまめな休息と昼休みを2時間取って
体調管理に気を付けながら皆奮闘しております。

 

また他にも笠置小学校給食室の床塗装を施工しました。
今年は夏休み期間が短く、作業できる期間もお盆休みが明けて1週間しか無く、職方の手配と入念な計画から
養生期間も含め新学期開始まで無事完了致しました。

  
  
  

 

またそのほかにも京都府亀岡市で竹林整備のお問合せに伴う現地調査や各種お問い合わせに伴う調査報告など。
今月もあれこれとしごとをさせて頂きました。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

交わす
…………

 

このところの挨拶は「暑いなぁ」が加わり、「もう倒れそうやわ」が続く。
室内は当然エアコンが効いていますが、屋外にいる人々にとっては
本当に危険な暑さです。

 

年の所為か気象の話になれば「昔はこんなに暑くなかった」と
誰かが言い、誰もが納得。
過去50年のデータから気温は確かに上昇しているものの
それ程でもない見方もありますが、暑い期間が長くなっているのは確かです。

 

私が子供の頃(40数年前)の夏休みは雨で増水していない限り殆ど日中は
川で遊んでいた記憶で、お盆を過ぎた頃からは川で遊ぶのもちょっと寒かったような。
家の中でエアコンをつけて遊べるような待遇の友人は居なく、真っ黒に日焼けした
悪童が涼を求めて知恵を絞っていた夏を思い出します。

 

これからもきっと私達の間で繰り返す夏の暑さ談義は
懐かしい思い出話と体力の衰えに同調を求め
結びは「無理をしたらアカン」と
もうそんなにできない仲間たちで交わされることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読 む
…………

 

今月の本

夏の疲れが出る頃に無理は禁物
気楽な気持ちでいつも通り

 

 

 

 

 

 

 

 

7月 文月

暑中お見舞い申し上げます
…………………………………

 

 

もうすぐ暑い夏、くれぐれもご自愛ください

 

 

 

 

 

しごと
…………

 

今月は先月より引き続きのリフォーム工事が完成致しました。
お施主様には工事期間中ご不便をお掛けしましたが、明るくて広々としたお風呂とトイレの出来に
大変喜んで頂きました。

(施工前)  

(完 成)  

離れて暮らすお孫さんたちも早速お越しになったそうで、「今まではお風呂とトイレが古くて遊びに来ても
長居せず帰っていたけど、今度から泊りがけで来ると言ってます」と話すお母さんも嬉しそうで、「お風呂に
入るのが楽しみです」と仰ってくれました。

狭小で複雑なリフォームでしたが、お客様にご満足頂けた仕事がまた一つ技術の向上とアイデアの蓄積に
なりました。この度のご縁感謝いたします。

 

また他にも愛知県名古屋市で竹林整備のご依頼を賜り実施致しました。
こちらの現場は閑静な住宅地の中、約600㎡の敷地に密生した竹を間伐整備致しました。

(施工前)  

(完 成)  

住宅が隣接する現場で樹木の伐採にも入念に倒す方向を定め、ハンドウインチを用いて行い、また斜面の
下にある竹は粉砕機が入らないため、小型のエンジンウインチを用いて収集し粉砕いたしました。

(作業風景)  

作業期間中は伐採や粉砕の音で近隣の方にはご迷惑お掛け致しましたが、鬱蒼としてゴミも捨てられている
竹藪が間伐することで陽が差し込み、風が通り景色が開ける様子に、隣家の方も喜んでおられました。

作業序盤には堆積した伐木の中にスズメバチの巣があり、防護服を調達しての駆除作業も無事取り除き
清々しい竹林に再生致しました。

この様に放置され鬱蒼とした竹藪には湿気があり、特に野積された竹や木には其処を住処にする
(ハチやマムシなど)危険な害虫がいる場合がありますのでご注意下さい。

 

「鬱蒼として風も通らない」「倒木、落ち葉等で困っている」等々
当社では遠方のご依頼も承りますので、先ずはどの様な事でもお気軽にご相談下さい。

 

 

その他にも除草作業やプレハブ倉庫の解体にゴルフ場の害獣侵入防止柵の設置など。
今月もあれこれとしごとをさせて頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

参考
………

 

7月も終わろうとしているのにジメジメとした天気が続き
この後にやってくる、あっつい夏を想うと
身体が早くも逃避していると感じるこの頃
避暑地でのんびりと過ごす姿や、過去の暮れる夏を思い浮かべては
雑多な日々を早歩きしているような気がします。(走れません)

 

そんな妄想の日々に、佰食屋オーナー中村朱美さんの著書を拝読

もう「頑張れ」なんて言いたくない
「仕組み」で人を幸せにしたい

佰食屋では、「頑張れ」という言葉は使いません。
多くの会社では、上司が部下を叱咤激励します。売り上げが落ち込んでいると
「頑張れ」、元気がないと「頑張れ」、連休前も、連休中も、連休明けも、
いつも「頑張れ」…。そうやって、社長が役員へ、役員が部長・課長へ、
そしてその部下へ…と、「頑張れ」のヒエラルキーが固定化しています。
でも、みんなもう十分、頑張っているじゃないですか。
お父さんもお母さんも、毎日大変な仕事に子育てに頑張っている。
子供たちも頑張って学校に行っているし、おじいちゃんもおばあちゃんも
孫の面倒をみてあげたり、健康に気を遣ったりして、頑張っているんです。

                                “売り上げを、減らそう。”から抜粋

 

 

佰食屋さんのことは以前から知っていましたが、斬新なタイトルの本を
読んで、改めて中村さんの作った仕組みとスタッフやお客様、仕事に対する
思いは、これからの働き方を考えるうえで大変参考になりました。

“やれるときに やれることを やれるだけ”を心掛けている私も
50を過ぎて「やれること」と「やれるだけ」の部分が若干小さくはなってますが

何事も無理は禁物。
これからの季節は特に。

100食限定のステーキ丼が無性に食べたくなりました

 

 

 

 

 

 

 

 


………

 

 

今月の本

 

スタミナ補給と
気楽な気持ちで、いつも通り

 

 

 

 

 

 

 

6月 水無月

咲く
…………

 


ジメジメする日々も
紫陽花がきれいに咲き
蛍もちらほら飛びだして
里山の四季は移ろいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しごと
……………

 

今月は笠置寺納骨堂の雨樋改修に伴う法面補強を施しました。
損壊した雨樋を撤去し、屋根から雫が落ちる箇所に暗渠を配した鉄柵で補強し路肩を少し広げました。

(施工前) 

(完 成) 

 

また他にも民家のリフォームに着手しております。こちらの現場は築50年の建物で
今回浴室と便所を改修いたします。
解体を進めるとやはり浴室の柱は腐食が激しく土台と柱を新しく設け、狭小な現場を工夫し
予算内で可能な限り広く明るい浴室、トイレに仕上げます。

  

お施主様も傷んだ状態を確認され落胆されましたが、新しくなる浴室とトイレを楽しみにしておられます。
この様に当社ではお客様のご要望に添ったご提案と傷んだ箇所の修理も迅速に対応致します。
お家のリフォームに限らず、どの様な事でも先ずはお気軽にご相談ください。

 

他にもう一軒、古民家リノベーションの工事に伴う現地調査と見積り報告をしております。
長閑な山間で見晴らしの良い古民家をこだわりのある素敵なお家に改修する工事で、各工種協力会社も
詳細な見積り作成に奮闘してくれました。

 

その他にも獣肉解体所新築工事に伴う報告資料の作成や、かさぎゴルフ倶楽部において
害獣の被害から外周約3.6㎞の侵入防止柵設置の調査報告に竹林整備の打ち合わせなど。
今月もあれこれとしごとをさせて頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期待
………

 

日本では新型コロナウィルス感染症も少し落ち着きを見せ自粛要請も
解除になり経済活動も再開して平穏な日常が戻って来ている様に感じますが
新しい生活様式を意識して多くの人が予防に努めているからこそだと思います。

予防効果があるマスクもこれから暑い季節に向け
大手企業も参入して冷感素材の物がヒット商品になっているとか。
確かにマスクの着用は安価な予防としては効果的かもしれませんが
やはり顔の半分を覆うものは如何なものか。

近頃では凝ったデザインのものも見かけますが、やはり口元の
表情は人の印象を占める割合が大きく
口角を上げ白い歯がこぼれる笑顔が素敵な美人が
マスクで顔を半分覆い隠すのは残念です。

 

詳しい知識がないので間違っているかもしれませんが
要は飛沫感染を防ぐことが大事な訳で、たまに見かけるクリアな
フェイスシールドがもっと手軽に携帯でき、またそれに類した飛沫防止の方法が
早く開発されることに期待いたします。

それよりもマスクなしで過ごせる日常に戻るほうが早いでしょうか。

 

ダーウィンが記す「表情は人類共通である」と
表情こそが苦難を乗り越え進化してきた人間のぉ特異的な~
知らんけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読 む
…………

 

今月の本

考え込まずに
気楽な気持ちで、いつも通り

 

 

 

 

 

 

 

 

創想綴り

職場や生活において
感じたままを綴ります。

このページの先頭へ