2021年

3月 弥生

春来る
……………

 

 

♪ヤングマン さぁ立ちあが-れよ ヤングマン 今翔びだそ-ぜ
ヤングマン もう悩むこ-とはな~い~ん~だ-から

              西城秀樹さん“YOUNG MAN(Y.M.C.A)”より

 

 

 

 

 

 

 

しごと
…………

 

今月は竹林整備をさせて頂いた現場の樹木伐採から行いました。
竹を伐採した敷地に高所作業車を乗り入れ大樹の枝を伐採致しました。

  

此方のお施主様からは自宅の門扉修繕も承っており、只今吟味した材料を調達し
協力店の建具士により制作中です。

 

 

他にも笠置山ボルダリングエリア整備を施し、無事完成致しました。
約2haに5か所のエリアを設け、点在する各箇所に向かう通路を整備しました。
複雑な地形に添ったルートの設定において、急斜面には倒木や植生土のうで階段を設置し
水の集まる谷筋を避け、崩れやすい路肩には補強を施すなど。
訪れるクライマー達にも安全に楽しんで頂けるようなエリアが完成出来たと思います。

  

  

 

他にも住宅の床修繕に着工しました。
此方の現場は築35年程の立派なお屋敷で、施工当時玄関や洋室と洗面室の床に使用された化粧合板の
劣化により、床がフワフワと沈む状態でした。現場の状態から玄関床は解体し大引きから取り替え、断熱材を
設置して上質の縁甲板を貼りました。洋室は解体せずフロアパネルを増張りし洗面室も下地のコンパネを増張り
CF貼り仕上げとしました。

(施工前)  

(完 成)  

(施工中)  

  

ご予算に応じた今回のリフォーム内容で美しくなった床にお施主様も大変喜んで頂きました。
この様に当社では現場の状態から適切な施工のご提案を致しますので、お家の不具合やライフスタイルに
合わせた増減築など。どのような事でもお気軽にご相談下さい。

 

他にも関西電力水力発電所内の倒木処理や、小学校の破損した屋根瓦の応急処置と樹木伐採に
福祉住環境整備の階段改修など。

また他にも竹林整備のお問い合わせから、香川県丸亀市や和歌山県紀の川市へ現地調査に伺いました。
今月もあれこれとしごとをさせて頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラサク
………………

 

郷の桜も満開を迎え今年も美しい風景が雑多な日々を癒してます。

笠置町は小さな町ですが「さくら名所100選」にも選ばれ
今頃は沢山の花が一斉に咲き見頃となります。
この桜、日本最古の木は推定樹齢2000年だそうで
寒暖で多少のずれはあるものの、毎年春に花を咲かすというから
植物の生命力の凄さ、多少何かがあっても時期が来れば咲く
何処か懐かしさやワクワク感、また安心感の様なものも覚える
誰もが好きな花の一つだと思います。

さまざまのこと思ひだす桜かな
                 芭蕉 作

今はまだ不安な日々が続いていますが、必ず桜が咲くように
安心や平常をもう少し待ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読 む
…………

 

今月の本

 

 

新年度がスタートしても
気楽な気持ちでいつも通り

 

 

 

 

 

 

 

2月 如月

そろそろ
………………

 

春はもうすぐそこまで

 

 

 

 

 

 

しごと
…………

 

今月は京都府精華町で竹林整備を施工致しました。
約700㎡の敷地に密生した竹を伐採し、現地で粉砕処理をしております。
隣に神社があり、お施主様から神社境内との違和感が生じないような整備を託され、雑木と竹を少し残すよう
仕上げました。竹についてはもう少し残すイメージでしたが、枯竹や倒木が多く蔓が絡んでいた為、
予定より多く伐採しましたが、お施主様からは好評頂き、また近隣住民や通行される方からも
鬱蒼としていた場所がきれいになり陽も差して気持ち良いと大変喜ばれました。

(施工前)
  
  

(完成)
  
  

(作業風景)
  

このあと敷地に高所作業車を入れ隣地に影響を及ぼす大樹の剪定を予定しております。

 

 

他にも「笠置町におけるスポーツ観光聖地化のためのボルダリング振興業務」として
笠置山に点在する巨石のボルダリングスポットを整備しております。
当社の請負はクライマーによって開拓されたルートを辿る通路を整備する工事で約2haの範囲を
縦横に通路を設け、急斜面には植生土のうや倒木を利用して階段を設置しております。
山頂付近の深い山中で土砂の崩壊を防ぐと共に緑化による景観への配慮や自然環境の保全を図るよう
計画致しました。

  
  

 

また他にも「家の中のあちこちで床が歩くとフワフワするので見てほしい」とのご依頼で調査に伺いました。
築30年程の立派なお屋敷で当時床材に使用されている化粧合板の劣化で特によく通る廊下や部屋の出入口等
に見られる現象でした。只今工法の検討から見積り作成中です。

他にも門扉修繕のご依頼による現地調査。こちらの現場は歴史ある立派な門扉で長年の風雨により
傷んだ扉を新しく制作するよう検討しております。

 

この様に当社ではお客様のご要望に応じた適切なご提案をさせて頂きますので、どの様な事でも
お気軽にご相談下さい。

その他にも竹林整備のお問い合わせに伴う現地調査など。
今月もあれこれとしごとをさせて頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実  証
………

 

トヨタが富士山麓の東富士工場跡地に未来の技術開発に向けた実験都市
「ウーブン・シティ」の地鎮祭が今月2月23日(富士山の日)に実施され
いよいよ建設が始まります。

各自動車メーカーは車を開発するため走行実験を行うテストコースがあるのですが
自動運転システムや生活に伴う様々な技術の実証実験をしていくために
街ごと作ると言うからスケールがでかい。
自動車業界の大変革期とし、豊田社長も新会社設立に私財を投じるそうです。
将来的には2000人程の住民が暮らし、社会課題の解決に向けた様々な発明と
新技術の検証を行っていく「ヒト中心の街」「実証実験の街」「未完成の街」が
この街の軸とする構想。

 

未来の生活はあらゆるものが自動化されていくのか
それともまた違った技術が豊かさをもたらしてくれるのか。
先駆けて導くこの街に期待は増します。

100年たったら、どうなっているのでしょう

 

とりあえず、明日も健やかでありますように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読 む
…………

 

今月の本

 

 

五十肩が辛くても
気楽な気持ちで、いつも通り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月 元旦

あけましておめでとうございます

 

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 

 

 

 

 

 

しごと
…………

 

 

本年仕事始めは昨年より引き続き、かさぎゴルフ倶楽部で害獣侵入防止柵設置を行い、完成致しました。
ゴルフ場の外周約4.3㎞に柵を設け、コース内を荒らすイノシシの侵入を防ぐもので、今では田畑などでも
よく見かけます。獣本来の生息域が変化しているのは確かで、何か良い“策”は無いのでしょうか。

 

 

他にも滋賀県東近江市で竹林整備に着手しました。
こちらの現場は約1,200㎡の敷地に密生した竹を全て伐採し、現地で粉砕処理を致しました。
鬱蒼として見通しも悪く、ゴミの不法投棄もされていた現状が、伐採して見通しもよくなり、スッキリと
美しくなった状態にお施主様からも好評頂き、毎日散歩されている方々も喜んでおられました。

(施工前)

  

 

(完成)
  

  

(作業風景)

  

この様に厄介な竹や草木が生茂り敷地の管理にお困り方や、土地の活用または竹チップの利用など。
先ずはお気軽にご相談下さい。

 

また他にも京都府精華町で竹林整備のご依頼を賜りました。
此方の現場は約700㎡の敷地に密生した竹を周囲の景観にも配慮した整備を来月初旬より実施する予定です。

  

 

その他にも笠置山においてボルダリングエリアの整備に伴う現地調査など。
今月もあれこれとしごとをさせて頂きました。
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宣 言
…………

 

 

現在、日本の11都道府県において緊急事態宣言が発令されています。
今回は2回目の発令もあってか、どこか他所事の様な感じがしないでもないです。

私の場合では、田舎町に暮らし、商いも同地で満員電車の通勤や
不特定多数の人と接触もなく、元々不要不急の外出はしない方でしたので
余り変わらぬ日常を過ごしているのですが。

 

非常事態宣言(ひじょうじたいせんげん)、または緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)とは、
自然災害感染症伝染病疫病)のパンデミック原子力事故などの
災害や、戦争テロ内乱騒乱など、健康生命財産環境などに危険が差し迫っている
有事緊急事態)に際し、国家地域政府地方公共団体を含む)
などが、
法令などに基づいて特殊な権限を発動するために、或いは、広く一般・公衆に注意を促すために、
そのような事態を布告・宣言することである。
                                     『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 

この様に文言で表すには強張った表現になるのでしょうが、以前に隣国から
発射されたミサイルが上空を飛来したときに携帯電話からJアラートが
大きく鳴った時もそうでしたが、良くも悪くも人々は案外冷静。

経済活動を抑え、感染者数を発表するより、一層のこと小学校の張り紙の様に
「うがいと手洗をしっかりしましょう」
「外に出るときや人と会うときはマスクをつけましょう」と伝え
過度に恐れず気を付ければ
感染拡大を防げるのではないでしょうか。

私も偶に「非常事態」「緊急事態」だと宣言したい時がありますが
一日も早い収束と、度々発生しないように願うばかりです。

 

 

 

 

書 く
…………

 

 

新年の書初め

今年は “直す”

 

時代はニューノーマル(新たな常態)に
考え方・働き方・生き方も見つめ直す契機

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読 む
…………

 

 

今月の本

 

 

新たな時代も気楽な気持ちで、いつも通り

 

 

 

 

 

 

 

 

創想綴り

職場や生活において
感じたままを綴ります。

このページの先頭へ